不動産名義変更について知る

不動産名義変更は必ずしておかないと、いざ、建て替えや売却したいときなどに、その権利を持つ事ができません。

不動産名義変更で失敗しないために

2015年11月13日 // by blogger

不動産名義変更を自分ではなく司法書士事務所に依頼してしまおうと考える人は少なくないと思います。

不動産名義変更というのは意外と面倒な事も多く、実際に自分で手続しようと思うと、手間と時間がかなり掛かってしまう事もあります。

スムーズに終わらせるためにも専門家にお願いするというのが間違えないでしょう。

そこで、失敗しない依頼をするためにも幾つかのポイントを押さえておきましょう。

まず、登記の費用は適正であるかということで、費用は事務所によって大きく異なるので、中には三倍以上の差がでるということもあります。

きちんと見積もりを取り、比較検討する事が必要です。

登録免許税が必要な場合、水増しされていないかも確認しましょう。

次に間違えやすいポイントとして、紹介された司法書士事務所を利用するという場合です。

一般的に紹介された事務所を利用すると費用が割高になると言われています。

その理由は他の司法書士事務所と見積もりを比較されることもなく、よって登記を安くする必要がないからです。

また、本来であれば違法行為なのですが、紹介者に紹介料を支払う司法書士もおり、その場合、紹介料分登記費用が割高になると考えましょう。

そして、大事なポイントとして、登記に関わる知識や実績が豊富であるかということです。

不動産名義変更において、知識と経験によって結果が変わる場合もあります。

中には固定資産税の負担をできるだけ押さえる様に建物の種類などを検討してから所有権移転登記を行ってくれる司法書士もいれば、そのまま手続をする司法書士もいます。

費用が安かったとしても、将来的にみてどちらが良いかということは明確です。

Comments are closed.