不動産名義変更について知る

不動産名義変更は必ずしておかないと、いざ、建て替えや売却したいときなどに、その権利を持つ事ができません。

不動産名義変更を自分でする場合

2015年10月21日 // by blogger

不動産名義変更とは人生においてそう何回もする事ではないと思いますが、不動産名義変更をするには必ず法務局に行って、申請書と必要書類を提出し、不動産名義変更を行うことができます。

よって、不動産名義変更の手続というのは、書類に準備や平日法務局に行くことが可能であれば、自分ですることができる手続でもあります。

ただし、不動産名義変更にも様々なケースがあるので、場合によっては司法書士に依頼する方がスムーズで確実と考えられます。

不動産名義変更の場合、氏名の変更や住所の変更と言った場合、自分側の変更によるものであって相手方がいないので、自分で変更をしてもあまり難しいことではありません。

また抵当権末梢する場合も必要な書類がきちんと揃っていれば大丈夫です。

相続による名義変更の場合も自分で行うことに問題はありませんが、書類収集が面倒であったり、遺産分割協議書の作成が難しく、ミスがあると自分以外の相続人に改めて実印を押してもらわなくてはならないなどの手間がかかるので、書類作成が苦手な人には向いていません。

では、不動産名義変更で自分で行うのは少々困難であると考えられるのは、銀行で住宅ローンを組んで抵当権設定登記を申請する場合などです。
申請書類例:不動産登記申請書と必要書類

融資ができると確定したのにも関わらず、登記がきちんと行えなかったら、担保となるはずの不動産がないという事になってしまいます。

こういった場合は、確実に手続ができる専門家にお願いすることをお勧めします。

Comments are closed.