不動産名義変更について知る

不動産名義変更は必ずしておかないと、いざ、建て替えや売却したいときなどに、その権利を持つ事ができません。

不動産名義変更について

家や土地など不動産を所有している人はたくさんいると思いますが、それらの不動産には所有者の名義というのものがあります。

もしも誰かに譲渡したりすれば、その名義は不動産名義変更として変更手続をしなくてはなりません。

不動産名義変更が生じるケースとしては、
死亡による相続での名義変更
譲り渡す贈与による名義変更、売買による名義変更
離婚での財産分与による名義変更があります。

この不動産名義変更というのは、実はしないでそのままにしてしまっているというケースが少なくありません。

それは名義変更をせずにも特に変わりなく過ごせてしまうからなのですが、この場合、何か困る事は生じてくるのでしょうか?
名義変更をしていなくてもそのまま住み続けたり、自分の土地だと主張し誰にも咎められる様なことはほぼなく、また、固定資産税などの請求はきちんとくるので、不動産名義変更をするということすら忘れてしまうという人もいる様です。

しかし、そのままにしておくと、いざ家を建て替えたいとか、土地を売却したいと言った場合に困ったことになります。
自分の名義でなくては当然、建て替えも売却もすることができません。

その不動産を担保にする不動産担保ローンなども利用することはできません。

理屈から言えば当然のことで、名義は他人の名前になっているので、例え亡くなった親から相続したとして明らかに自分のものになっていたとしても、書類上の手続が済んでいないのでその権利がないということになるのです。

中には代々全く名義変更をせずに来てしまっているという様なケースもあり、そうなると手続がややこしくなって手間がかかります。